« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

【生存報告】買ってきた!僕が私になった理由~女装計画~(暁WORKSBLACK)

とりあえず買ってきた。

僕が私になった理由~女装計画~(暁WORKSBLACK)

遊ぶ時間が無いわけですが・・。
とりあえずインストール。ディスクレス起動可能なのね。
これはエロ作品では嬉しいですね。

そして開始・・。いきなり主人公と双子の姉のHから
主人公双子の姉によって既に調教・・というか開発済なんですな・・
攻められて攻められて『なんでもする』と約束する主人公・・・・。

そして主人公と主人公の姉は女子高に・・。

掴みは理解。
んー。主人公の声が好みじゃないよう・・。

あと・・遊ぶ時間が・・。>_<

| | コメント (1) | トラックバック (0)

るいは智を呼ぶSOUNDTRACK(暁WORKS)

Pict0670
大分前に購入しておきながらまだ開けてなかった
るいは智を呼ぶのオリジナルサウンドトラックを開封して
聞いてみました。

主題歌の「絆」「宝物」を聞いていると物語を思い出して来て
またプレイしたくなりました。

プレイ時には「茜子さん」より「るい姉さん」の方が見た目(性格)的に好きなので
不満もあったのですが、するめのように噛めば味が出るシナリオでした。

個人的には、名作かもね。

そしてコミュ - 黒い竜と優しい王国 -をソフマップで予約してきました。
また、後味良く楽しめるのかどうか・・。楽しみですね。

そしてこれも気になる。

『るいは智を呼ぶファンディスク(仮)』

ボクがワタシになった理由~女装計画~』も予約してるのは秘密。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABYSS ~殺人クラブ~ (Festival)

Abyss ABYSS ~殺人クラブ~ (Festival)をプレイ。
コミケで購入。同人ゲーム制作サークル「Festival」の作品。
体験版プレイ後 ずーーと気にしてましたが、やっと完成版が発売されたのでプレイ。
途中で切れるとイライラしますしね。完成版万歳。

約20時間程度しっかりシナリオを楽しんで\2,000円ですから
不満はありませんね。

-あらすじ---------------------------------------
何気ない日常の中で流れる、様々な噂話。
その中の一つに、”ABYSS"と呼ばれるものがあった。
殺人鬼の集団--殺人クラブとされるそれは、
目に留まる人間を生贄として浚い、追い回し、凌辱し、
弄んだ末に殺してしまうという。

だが、あくまで噂に過ぎないはずのそれは現実に在り、
今宵も一人の少女が生贄として浚われてきた。
『タカツキリョウコ』と呼ばれる彼女は、恐怖に怯えながらも
死に抗うため、必死に学校を駆け回る。

そんなABYSSの儀式に、偶然にも巻き込まれてしまう
元暗殺者の主人公----笹山晶。
その場はどうにか逃走するものの、徐々に日常にも影が伸び、
彼は再び日陰の道へと舞い戻ることとなる。

そうして今、逃れえぬ運命がここに始まる------!

---------------------あらすじ終わり--------------------

まあ、公式サイトで徐々にルートを販売。謎・サスペンス・猟奇・アクションの要素を
含みながら少しずつシナリオを公開してきた作品が
今年の夏についに完成版を発売
(例の規制の問題で一部凌辱シーンはカットされ後日ダウンロードになったらしい)。

いやー長かった。コミケだけでも・・・
◆ コミックマーケット76頒布版(完成版)
◆ コミックマーケット75頒布版(琴子ルート版)
◆ コミックマーケット74頒布版(爽ルート版)  
◆ コミックマーケット73頒布版(幽ルート版)  
◆ コミックマーケット72頒布版(温子ルート版)
長いですな(笑)
バラバラで買い続けた方に感謝を

それだけに出来はなかなかのモノで各ルートを堪能後、
最後の謎を解きながらのエンディングまで
しっかりとしてストーリーになっております。

共通ルート→各ヒロインルート(温子→幽→爽→琴子)→共通ルート
という流れで、基本、各ヒロインルートでヒロイン達はABYSSのゲームに巻き込まれます。
そして、ルートヒロイン以外に巻き起こる悲劇。

そしてシナリオを重ねることに徐々に明らかにされるABYSSやヒロイン達の背景
そして、最後に(やっと)主人公が活躍してラストステージまで
あらすじから簡単に想像できるように残虐シーン等がある問題点
このゲームを選択する時点で問題点では無いかもでシナリオ上必要なのだが
販売面とかでは今は色々マイナスだ
)をマイナスにしても久しぶりにしっかりと
楽しめるノベルゲームになっておりました。

途中の推理を裏切られるのも悪くないですね。
後、個人的には最後のルートは個人的には救済された(笑)
ハッピーエンドスキーなもので。
鬼塚哀れだけど

公式サイトで体験版をプレイして気になったならプレイオススメです。
エロゲーじゃないですけどね。(一応Hシーンはありますが・・。)



聖先輩サイコー。
鬼塚じゃなくても命を懸けて守りたくなるぜっ


・・


爽ルートラストの聖先輩は俺の嫁(ぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »